トレイダーズ証券のコピー




こんにちは。やんやんです。

今回は南アフリカランドに続いてメキシコペソのスワップ投資はじめます。


現在、私がスワップポイント目的で運用しているのは豪ドル・南アフリカランド・メキシコペソの3通貨になりました。

関連記事
やんやん豪ドル始めたってよ
関連記事みんなのFXで南アフリカランド高スワップ通貨投資

高スワップ通貨といえばトルコリラですが、何でトルコリラには投資しないの?と疑問に思う方はこちらをご覧ください。

この事件が、なかなかのトラウマで(自分が悪いのですが)、ちょっとトルコリラとは距離を置いてますwww

関連記事トルコリラで痛い目見た話






1.メキシコの特徴

メキシコは中南米を代表する新興国の一つです。

隣接している米国と密接な関係を持っており、貿易でも輸出入ともに米国が最大の相手国です。
米国依存度が非常に高く、米国との関係性がメキシコの経済にも大きな影響を与えます。

GDPは中南米2位(世界15位)となっています。

そんなメキシコ経済を支えているのが、世界第1位の生産量を誇る銀や、世界第7位の原油、天然ガスなどの豊富な天然資源です。

また人口は約1億3千万人で日本とほぼ同じですが、中央年齢が27歳と日本の46歳に比べ20歳近く若く、今後の日本の人口推移は減少が続く一方、メキシコは増加の見通しでメキシコ人口が日本人口を上回ると予想されています。
人口の40%が貧困層で、リーマンショック以降貧困率は増加しています。

メキシコの治安は悪いです。
国境地帯では密輸や密入国が頻繁で、これにより利益を得る犯罪組織が抗争を繰り返し民間人が度々巻き込まれています。
首都のメキシコシティおよび地方都市でも日常的に強盗やスリ・強姦や殺人などの犯罪が発生しています。
銃を所持している市民も多く、銃犯罪による負傷者や死者の数はとても多いです。


2.メキシコペソの魅力は何と言っても『高金利』

メキシコペソは高金利通貨のため、スワップポイントが高い!!
(スワップポイントとは、2国間の金利差から得られる利益です。低金利の通貨を売って高金利の通貨を買い、そのポジションを維持するとスワップポイントを得ることができます。逆に、高金利の通貨を売って低金利の通貨を買い、そのポジションを維持するとスワップポイントを支払わなければいけません)


メキシコペソの政策金利は2018年10月現在7.75%と超高金利です。
日本の政策金利が0.1%なので、7.75−0.1=7.65%

円を売りメキシコペソを買うことで年間7.65%の金利差益(スワップポイント)を得ることができます。



仮にみんなのFX を利用し、10万通貨を1年間保有しているとすると・・・

10万通貨あたりのスワップポイントは1日150円なので、150円×365日=54,750円

1年間で54,750円のスワップポイントを得ることができます。

図1


すすすごいΣ(゚д゚;)

3.メキシコペソに投資するリスク

メキシコペソのスワップ投資は他の高金利通貨と比べると、財政面や経済面を見ても比較的低リスクで将来的にも成長が期待できる通貨ですが、もちろんリスクもあります。

どんなリスクかと言うと、流動性によるリスクです。
メキシコペソは新興国通貨のためドルやユーロ・円などのメジャー通貨に比べ流動性が低いです。
そのため、急騰や急落がメジャー通貨に比べ起こりやすいと言えます。

高金利通貨という魅力ばかりに目を奪われがちですが、リスクをしっかりと管理した取引が必要です。
レバレッジは低めに設定することをおすすめします。


4.メキシコペソのスワップ投資おすすめのFX会社


スワップポイントはFX会社によって異なります。

メキシコペソのスワップ投資でおすすめの会社はどこなのか。比較していきたいと思います。

(2018年11月現在)

  スワップポイント/日 スプレッド 取引単位 スワップポイントにかかる税金
みんなのFX(トレイダーズ証券) 15円 1.8銭 1000通貨 未決済ポジションはかからない
FXプライムbyGMO 15円 1.9銭 1000通貨 未決済ポジションはかからない
ヒロセ通商 12円 0.4銭 1000通貨 未決済ポジションはかからない
マネーパートナーズFxnano 13円 1銭 100通貨 選択できる
SBIFXトレード
DMM.com証券


スワップポイントでは『みんなのFXと『FXプライムbyGMOが同額の15円となっています。

少額の取引を希望の方は、100通貨単位から取引できる『マネーパートナーズがオススメ。

取引回数が多い方にはスプレッドが圧倒的に狭い『ヒロセ通商 』がオススメです。

比較の結果、取引回数が少ない私は、スワップポイント高さでメキシコペソについては『みんなのFX 』で取引することに決めました。 


5.やんやんのメキシコペソ運用方針


私の運用方針は、

①はじめにメキシコペソを5万通貨購入

準備する資金は86,400円です。

これは、必要証拠金と想定する下落幅 (5’想定する下落幅参照)まで通貨が下がった場合のマイナス金額を足した金額です。
この金額を準備していれば想定する下落幅まで通貨が下落してもロスカットされません。

(1通貨5.7円とする)
必要証拠金=5.7円×50,000通貨÷25=11,400円
想定する下落幅=1.5円×50,000通貨=75,000円

合計.86,400円



②スワップポイントが貯まるたびにメキシコペソを買い足す

スワップポイントが約20,000円貯まるたびに1万通貨を買い足していきます。

スワップポイントが15円の場合、約267日でスワップポイントが20,000円に到達するため最初の1万通貨買い足すことになります。

これで合計6万通貨になるため次のスワップポイントが20,000円貯まるのは約222日後、その次は190日、その次は167日とどんどん短くなっていきます。

これが複利の効果です!!




5’.想定する下落幅 

こちらはメキシコペソの約20年間のチャートです。
スクリーンショット 2018-11-04 13.42.28


史上最安値は2016年11月の4.9円です。

現在、約5.7円付近で比較的安値で推移しています。



最安値の値や流動性のリスクを踏まえ、1.5円程度の下落を想定します。



6.最後に


今回のメキシコペソ投資は南アフリカランドと同様にリスク管理を徹底し、運用をしていきたいと思います。

運用の成績は随時報告していきますので、楽しみにしていてください(・∀・)つ









にほんブログ村 投資ブログへ