トレイダーズ証券 (2)

こんにちは。やんやんです。今回はスワップ投資第二弾です。


現在、私がスワップポイント目的で運用しているのは豪ドルです。

関連記事
やんやん豪ドル始めたってよ


そこに今回、新たに南アフリカランドを追加します!

高スワップ通貨といえばトルコリラですが、何でトルコリラには投資しないの?と疑問に思う方はこちらをご覧ください。

この事件が、なかなかのトラウマで(自分が悪いのですが)、ちょっとトルコリラとは距離を置いてますwww

関連記事トルコリラで痛い目見た話






1.南アフリカランド(ZAR)の特徴

南アフリカは世界有数の資源国で金・プラチナ・ダイヤモンドなどの埋蔵量が豊富です。

経済成長が期待されている主要新興国BRICS(ブラジル・ロシア・インド・中国・南アフリカ)の一角です。

南アフリカランドは資源国通貨に位置づけられ、金をはじめとする商品価格に影響を受けやすいのが特徴です。

また、南アフリカランドは新興国通貨なので、米ドルやユーロ、円といったメジャー通貨に比べると取引量が少ないです。
このため、ちょっとしたことで相場が大きく動きやすいという性質があります。


2.南アフリカランドの魅力は何と言っても『高金利』

南アフリカランドは高金利通貨のため、スワップポイントが高い!!
(スワップポイントとは、2国間の金利差から得られる利益です。低金利の通貨を売って高金利の通貨を買い、そのポジションを維持するとスワップポイントを得ることができます。逆に、高金利の通貨を売って低金利の通貨を買い、そのポジションを維持するとスワップポイントを支払わなければいけません)


南アフリカランドの政策金利は2018年9月現在6.5%と超高金利です。
日本の政策金利が0.1%なので、6.5−0.1=6.4%

円を売り南アフリカランドを買うことで年間6.4%の金利差益(スワップポイント)を得ることができます。



仮にみんなのFX を利用し、10万通貨を1年間保有しているとすると・・・

10万通貨あたりのスワップポイントは1日170円なので、170円×365日=62050円

1年間で62,050円のスワップポイントを得ることができます。

図1

すすすごいΣ(゚д゚;)

3.南アフリカランドに投資するリスク

ここまででわかるように、南アフリカランド投資はとても高利回りで魅力的です!

が、高金利には高金利なりの理由があります。

主な南アフリカのリスクとして『信用リスク』が挙げられます。

南アフリカランド国債の格付けは決して高くありません。(S&PがBB、ムーディーズがBaa3)

政治的な不透明感が広まり、さらなる格下げとなればデフォルト(債務不履行)の危険性も考えられます。

また、南アフリカ周辺諸国の紛争などで難民問題が出てくる可能性も否定できず、多くのリスクが混在してると言えます。

高金利通貨という魅力ばかりに目を奪われがちですが、リスクをしっかりと管理した取引が必要です。


4.南アフリカランドのスワップ投資おすすめのFX会社


スワップポイントはFX会社によって異なります。

南アフリカランドのスワップ投資でおすすめの会社はどこなのか。比較していきたいと思います。

(2018年10月現在)

 取引会社 1万通貨あたりのスワップ スプレッド 取引単位 スワップポイントにかかる税金
みんなのFX (トレイダーズ証券) 17円 1銭 1000通貨 未決済ポジションはかからない
FXプライムbyGMO 16円 3銭 1000通貨 未決済ポジションはかからない
ヒロセ通商 15円 1銭 1000通貨 未決済ポジションはかからない
マネーパートナーズFxnano 15円 1.9銭 100通貨 選択できる
SBIFXトレード 13円 0.99銭 1通貨 未決済ポジションはかからない
DMM FX 12円 1銭 10000通貨 未決済ポジションはかからない


スワップポイントでは『みんなのFXがリード!『FXプライムbyGMOも高いですが、スプレッドが広めです。

少額の取引には1通貨から取引できる『SBIFXトレードに軍配が上がっています。スプレッドも狭いですね!

また、『マネーパートナーズは未決済ポジションのスワップポイントを受け取ることが出来ます。
ただし、受け取った分のスワップポイントは課税対象です。


比較の結果、私はスワップポイント高さとスプレッドの狭さで南アフリカランドについては『みんなのFX 』で取引することに決めました。 

(『ヒロセ通商 』は豪ドルのスワップ投資で利用しています)

5.やんやんの南アフリカランド運用方針


私の運用方針は、

①はじめに南アフリカランドを5万通貨購入

準備する資金は115,400円です。

これは、必要証拠金と想定する下落幅 (5’想定する下落幅参照)まで通貨が下がった場合のマイナス金額を足した金額です。
この金額を準備していれば想定する下落幅まで通貨が下落してもロスカットされません。

(1通貨7.7円とする)
必要証拠金=7.7円×50,000通貨÷25=15,400円
想定する下落幅=2円×50,000通貨=100,000円

合計.115,400円


②スワップポイントが貯まるたびに南アフリカランドを買い足す

スワップポイントが約20,000円貯まるたびに1万通貨を買い足していきます。

スワップポイントが17円の場合、約235日でスワップポイントが20,000円に到達するため最初の1万通貨買い足すことになります。

これで合計6万通貨になるため次のスワップポイントが20,000円貯まるのは約196日後、その次は168日、その次は147日とどんどん短くなっていきます。

これが複利の効果です!!




5’.想定する下落幅 

こちらは南アフリカランドの約20年間のチャートです。
スクリーンショット 2018-10-24 8.54.40

史上最安値は2016年の6.23円です。

現在、約7.7円付近を推移しています。

これらの状況より、2円程度の下落を想定します。



6.最後に

私がスワップ投資を知って約2年半経ちました。

最初は訳も分からず飛び込んだトルコリラ。リスクなども勉強せずに始めたため大きな損失がでました。

今回の南アフリカランドはリスク管理を徹底し、運用をしていきたいと思います。

運用の成績は随時報告していきますので、楽しみにしていてください(・∀・)つ


\高スワップ通貨におすすめ/






にほんブログ村 投資ブログへ