トラリピ 月次報告のコピー


2018年10月22日週のトラリピ収益は2,500円でした!!

10月15日から100万円で運用を開始したトラリピ の第2週目の収益です(* ̄∇ ̄*)

トラリピを知らないよって人はこちらの記事からご覧ください。私の設定も公開してます。

関連記事100万円でトラリピ運用はじめました


\トラリピはじめるならこちら!!/
マネースクエア




1.今週のトラリピ収益

今週のトラリピ収益は2,500円でした。


2.通貨ペア別の利益内訳

先週は、ユーロ/円のみの収益でしたが今週はユーロ/円に加え米ドル/円とNZドル/円でも収益がでました。

今週のトラリピの収益・決済回数・新規注文回数を表にしました。

通貨ペア 収益 決済回数 新規注文回数
USD/JPY 800 1 1
NZD/JPY 700 1 0
NZD/USD 0 0 0
AUD/JPY 0 0 1
AUD/USD 0 0 1
EUR/JPY 100013
CAD/JPY 0 0 1
合計 2500 3 7

決済に至った3通貨ペア全てで決済トレールが働きました。

決済トレールを設定していなかった場合の収益は2000円となっていて、決済トレールを設定することで500円の収益UPにつながっています。

3.やんやんの運用設定

私のトラリピ設定ルールは、相場の大半はレンジ相場から作られているとの考えをもとに、
(レンジ相場とは:ボックス相場とも呼ばれ、一定の変動幅の範囲内で価格が上がったり下がったりを何度となく繰り返す相場のこと)

◆通貨ペアごとの直近20〜10年間の高値と安値の平均付近を中心値とします。


◆中心値から下には新規買い注文を、上には新規売り注文を入れます。
(トラリピでは同一通貨ペアで「売り」「買い」双方の新規注文を出す場合、必要証拠金は「売り」「買い」のいずれか高い方にしかかからないため必要証拠金を節約できます)
スクリーンショット 2018-10-14 10.22.26


◆決済トレールを設定します
決済トレールとは、決済価格が値動きのトレンドを追いかけることで、利益の極大化をねらうトラリピ専用の機能です。
トレンド相場でも取引機会をねらうことが可能になります。
トレンド相場でも取引機会をねらえる!!

◆ストップロスは設定しません
ストップロスとは、あるポジションを持っていて、為替レートが自分の不利に変化して損失が発生した際に、それ以上の損失を避けるためにポジションを決済する注文のことです。

トラリピは相場の動きに一喜一憂せず、長期運用を前提としたシステムなので基本損失がでてきても回復をじっくり待ちます。


以上の4つを基本のルールとしています。

通貨ペア別の設定はこちらの記事をご参照ください。



\トラリピ始めるならこちらから/
マネースクエア 







にほんブログ村 投資ブログへ