7c2e59ec5315f0f548dfd50882e786aa_s

こんにちは!今回はトライオートFXでおなじみのインヴァスト証券でトライオートETFをはじめたので現在までの成績を踏まえながら記録に残していきたいと思います。




  1.トライオートETFって何?


トライオートETFはインヴァスト証券が提供するETFの自動売買ツールです。
自分の投資スタイルに合わせて選ぶだけのカンタン自動売買セレクトや自分で銘柄を選んで自動売買の設定を作ることができる機能など、初心者でもカンタンに利用できます。







1.1 そもそもETFとは

ETFとはExchange Traded Funds”の略で、「上場投資信託」と呼ばれています。
ETFは証券取引所に上場しているので、株と同じように売買できます。
連動する指数は株式だけでなく、債券、REIT(リート)、通貨、コモディティ(商品)の指数もあります。投資先も日本から海外に広がり、投資しにくい国と地域と資産に手軽に投資ができます。



2.トライオートETFのメリット

・自動売買で運用してくれる
運用は自動でしてくれるので相場に張り付いていなくても大丈夫!
仕事中や就寝中も運用してくれます。

・少額から始められる
トライオートETFは1万円からはじめられます。またレバレッジ(5倍まで)をかけることができます。
⚠レバレッジかけた場合は利益も大きくなりますがその分リスクも大きくなるので注意です!

・売買手数料がかからない
自動でも手動でも手数料がかかりません。

・配当がもらえる
トライオートETFは※CFDの仕組みで売買されているので、通常ETFの配当に当たる“権利調整額”というものを受け取れます。
(※差金決済取引。商品の受け渡しはせずに取引した時の損失・利益の差額の部分だけを決済する取引のこと)


3.トライオートETFのデメリット

・スプレッドや金利といったコストがかかる
売買手数料はかからないが業界最低水準ではあるが金利と※スプレッドはかかる。
(※売りと買いの差額)

・ロスカットの可能性がある
相場の大きな下落があるとロスカット(強制決済)が行われる場合があります。
ただし、突然ロスカットがあるわけではなく、プレアラートという注意喚起のメールが届きます。
ロスカットの対処法として入金して有効証拠金を増やしたり保有銘柄を決済するなどでロスカットを避けることができます。
こうならないためにもレバレッジをかけるときは、よく確認をしましょう。
また、トライオートETFを申し込む際はロスカットが行われる水準も確認しましょう。

・特定口座やNISA口座はない
一定の利益が出た場合は、確定申告が必要
スクリーンショット 2018-09-24 19.41.23


4.トライオートETF 自動売買セレクトとは

ETF自動売買セレクトと、投資スタイルを選ぶだけで自分に合った銘柄をカンタンに選択でき、自動売買を使ったETFの資産運用をカンタンにはじめることができる機能です。

投資初心者の方や、ETFや自動売買に馴染みのない方でも海外ETF投資をはじめることができます。



5.やんやんも実践だ!

さあ!やってみよう。私はETF投資はじめてです。初心者なのでもちろんETF自動売買セレクトでやっていきます!笑
スクリーンショット 2018-10-04 9.12.57
私は3銘柄選びました。
1つ目は、ナスダック100スリーカードを3単位。
2つ目は、小型株スリーカードを1単位,3つ目はテクノロジー株スリーカードを3単位ではじめます!

6.最後に 


トライオートETFは売りや買いを見極める時間や銘柄を選ぶ時間がない、またどの銘柄をえらんでいいかわからない、という方にも自動売買で簡単に分散投資ができるのがとても魅力です。

私の保有分も今後どのような動きをするのか非常に楽しみです。

これからも定期的に損益を報告していきますのでまた楽しみにしていてください!!





トライオートETFにチャレンジしたい方はこちら⇣⇣
インヴァスト証券「トライオートETF」







にほんブログ村 投資ブログへ